所有している空き地に最適な方法で草刈りをする

基本的な草刈りの方法

草刈りと一口に言っても様々な種類があります。それぞれの特徴を知って最適な方法で草刈りを行うようにしましょう。

4つの草刈り法

草むしり
道具を使わず素手根っこから雑草を抜く方法です。費用がかからず危険性もありませんので、狭い土地では効果的です。
鎌を使って根元から雑草を刈り取ります。根っこが残ってしまいますが、雑草の成長を一時的に止めて繁殖を防げます。
草刈り機
効率よく広い範囲の雑草を取り除くことができます。飛び石などの危険性がありますので、取り扱う際には注意が必要です。
除草剤
雑草を立ち枯れ状態にする効果がある除草剤を散布します。薬の扱いを間違えると吐き気や皮膚炎などを発症するので要注意です。

草刈りを行なうベストタイミング

草刈りに適したシーズンとは

草刈りを行う際に迷ってしまいがちなのが、どの季節に草刈り作業を行えばよいかということです。雑草が成長する季節に合わせて草刈り作業を行うようにしましょう。本格的な夏が訪れると雑草から害虫が大量発生してしまいますので、梅雨明けの時期に空き地の草刈り作業を行いましょう。夏場も雑草の成長スピードが早く、夏が終わる頃には雑草が生い茂っている環境に戻っていますので、夏が終わる時期にもう一度草刈りをしておくとよいでしょう。

雨上がりは草刈り作業の狙い時

草刈り作業を効率よく行いたいと考えているのであれば、雨上がりのタイミングを狙うとよいでしょう。雨上ががりは空き地の土が水分を含んでおり、柔らかくなっています。土が柔らかくなると、根っこから雑草を引き抜きやすいのでより効率よく草刈りをすることが出来ます。土が乾燥していると、雑草を引っ張っても根元でちぎれてしまい、根っこが土の中に残るので再び成長して生えてきてしまいます。雨が上がったら空き地に行って草刈りを行いましょう。

TOPボタン