空き地の草刈り作業で近隣住民とトラブルになることがあるので注意!

空き地の草刈りをするときは近隣住民とのトラブルに注意!

草刈り作業をする際に、近隣住民とのトラブルになることがあります。注意したいポイントを押さえておきましょう。

草刈りをする際の注意点

騒音
草刈り機を使用して空き地の除草作業を行う際には騒音が発生します。夜に草刈り作業を行うと安眠を妨げてしまいますので、近隣住民の迷惑にならない時間帯を選ぶようにしましょう。
飛び石
草刈り機についているブレードに小石が接触すると、小石が弾き飛ばされます。このような飛び石によって近隣住宅のガラスが割れてしまったり、車のボディに傷をつけたりしてしまうことがありますので注意しましょう。

事前の説明でトラブルを回避!

草刈り作業を行う際には、トラブルを防ぐために予め近隣住民へ草刈りをすることを説明しておくとよいでしょう。草刈りをする日付と時間帯を伝えておくことによって、急に騒音が聞こえてきてストレスを感じることも無くなります。また、飛び石のリスクを説明しておけば、草刈りをする時間帯には雨戸を閉めて窓ガラスが割れるのを防いでもらったり、車を移動させてボディが傷つくのを防いでもらったりすることが出来ます。

刈った雑草の処理方法

一輪車と草刈り道具

草刈りを行った後には、刈った後の草を処理する必要があります。処理方法としては、野焼きにしたり土に埋めて堆肥化させたりといった方法があります。しかし、地域によって野焼きを禁止にしているところもありますし、堆肥化する際に匂いや虫が発生して近隣に迷惑をかけてしまうこともあります。

草刈り後は業者へ処分してもらおう

草をゴミ袋に入れて捨てることも出来ますが、敷地面積が広く刈った後の草が多かった場合は捨てるのに負担がかかってしまいます。草刈り作業を利用すれば、刈った後の草まで処分してもらうことが出来ますので手間を減らせます。業者を利用する際には料金がかかってしまいますので、契約内容をしっかり確認してからサインをするようにしましょう。

TOPボタン