空き地によく生える雑草の特徴を知って草刈り作業に活かす

雑草に関する基礎知識

空き地の管理を効率よく行うために、雑草に関する知識を頭に入れておくとよいでしょう。

雑草が生えてくるタイミング

雑草が生えてくる時期はいつ頃?
雑草は季節によって成長するスピードが違いますので、雑草が生えてくる時期を把握しておくようにしましょう。雑草は暖かい時期になると成長が活発になりますので、春から夏にかけて伸びてきます。特に梅雨時期に差し掛かる5月中旬から6月にかけて雑草は著しい成長を見せます。
本格的な夏が訪れてからも、強い日差しを受けてぐんぐん成長していきます。秋に差し掛かるにつれて徐々に成長スピードが遅くなってきて、冬になると雑草の成長スピードは落ち着いてきます。ですので、春から夏にかけて成長して、秋から冬にかけて成長が落ち着くというイメージで理解しておくとよいでしょう。

空き地に生えていることが多い種類

空き地によく生えてくる雑草の種類を知り、それぞれに最適な対策を講じることで空き地の管理を効率化できます。

イネ科「カモガヤ」
開花した際には高さが1メートルに達する背の高い雑草です。花粉症の原因にもなるので、アレルギー体質の方にとっては非常に厄介ですので、除草剤を定期的に散布して増殖を防ぐようにしましょう。
キク科「アメリカセンダグサ」
俗に言うひっつき虫やくっつき虫と呼ばれる、衣服に付着する種子を持っている雑草です。草むらに行くとズボンの裾がアメリカセンダグサの種子だらけになることもありますので、育つ前に防草シートで対策をしましょう。
トクサ科「スギナ」
夏緑多年生のシダで、地下茎を深く伸ばしながら成長をするため根っこから抜くことが非常に難しく除草剤を使っても根絶が困難な雑草です。プロの草刈り業者に依頼して除草してもらいましょう。
TOPボタン